カテゴリ:高崎( 5 )

TAKASAKI MY SOUL TOWN

高崎市役所がプロジェクションマッピングされてる〜
e0166481_21315515.jpeg
ん、HOTEI…?
e0166481_21321752.jpeg
そう3日には高崎市出身の布袋寅泰の初のフリーライブあるのです。
e0166481_21323303.jpeg
今週末の高崎は熱いぞー

[PR]
by Karuizawa-Wood | 2016-07-01 21:29 | 高崎 | Comments(0)

続 野鳥の森

非常に多忙だった年度末が過ぎ去り、ようやく4月に入り仕事にも落ち着きを取り戻して来ました・・・
何だかブログの更新も久々な感じがしますが・・・

前回はメジロ編でしたが、今回は観音山野鳥の森に訪れる他の野鳥達の紹介です。

今この季節なのか?野鳥の森の場所柄なのか?は解りませんが餌場では沢山のメジロ達が幅を利かせていますが、時間によってなのか?それとも野鳥達の暗黙の了承があるのか?一瞬でメジロ達が去り、他の野鳥達が入れ替わりに餌場に現れる時間帯があります。
メジロ達は団体行動なので一斉にいなくなり、他の野鳥達は個々に行動しているのかは定かではありませんが、入れ替わる時には数種類の野鳥は一緒になり現れます。
e0166481_21135497.jpg

e0166481_21141216.jpg

先ずはモリノトビラさんやTs-Styleさんのブログでもお馴染みの「シメ」君・・・
何だか堂々としているのか?トロイのか?はたまた何も考えていないのか?動きの悪いシメですが本当に悪人顔ですよね・・・(笑)・・・誉める言葉が出て来ない・・・(汗)
e0166481_21223379.jpg

e0166481_21233055.jpg

個人的には大好きな「ヤマガラ」何故好きだ?と聞かれると答えようがないのですが・・・色彩が好きなのかな・・・?
e0166481_21264475.jpg

自分独りで水場を独占したいのか?睨みを利かせる「シジュウカラ」と、睨まれてもどこ吹く風の「ヒガラ」
良く見るとシジュウカラも綺麗な色彩をしてると思いませんか・・・?
e0166481_2136643.jpg

e0166481_21361919.jpg

そして今回一押しの「エナガ」色彩は、そう派手ではありませんが、凄く小さく可愛らしい野鳥ですよ・・・


つい2~3ヶ月前までは殆ど野鳥の名前すら知らなかったのに・・・興味を持つと言う事は本当に記憶力も活性化されると今回改めて実感しました(笑)
野鳥の森には常に指導員が常駐していて、野鳥に関する色々な事も教えてくれます。
運が良ければ「ルリビタキ」や夏になると「オオルリ」のような青い鳥も見られるそうですよ・・・
早く青い鳥を見て幸せになりた~い・・・
[PR]
by Karuizawa-Wood | 2009-04-02 21:56 | 高崎 | Comments(8)

野鳥の森 (高崎観音山 メジロ 編)

e0166481_20551980.jpg

軽井沢の野鳥の森は有名だが、高崎にも野鳥の森が在るのをご存知だろうか?
地元の私でも知らなかったのだから皆さんが知るはずがありませんよね(笑)
埼玉方面から17号線走って来て高崎市内に入り軽井沢方面に走って行くと左手に丘陵地帯が見えて来て、観音様が神々しく立たれている、その観音様のちょうど足下近辺にひっそりと野鳥の森が存在する。
余り広報活動をしていないのか・・・していても私自身が興味も無く、情報が左から右だったのかは解らない。

前々から家族には野鳥の森に行こう~と誘われいたのだが、今回はコンデジを購入した事もあり、二つ返事で行ってきました。またまた今回もコンデジネタです(汗)
e0166481_21302342.jpg

高崎の野鳥の森は、上の写真のバードハウスを起点にして、森の中を散策出来るようになっているが、このバードハウスがカメラ初心者から上級者までが楽しめるように工夫されている。当然主体となるのはカメラ撮影ではなく、野鳥の観察くる人達がメインになっているが、本当に何種類もの野鳥がバードハウス前の餌場を訪れて来る。

この季節は「メジロ」が多いのか?餌場にはメジロが多数を占めていました。なので今回の写真はメジロ編で・・・
e0166481_2146759.jpg

e0166481_2147489.jpg

メジロは字の如く本当に目の周りが白いと改めて実感しました・・・しかし良く見ると本当は精悍な目をしてると思いませんか?
e0166481_2149279.jpg

e0166481_21495645.jpg

メジロの乗っている松ぼっくりには、小麦粉にラードを入れてかき混ぜて、砂糖で甘く味付けしたものを塗り込んでいるそうです。もしも軽井沢に同じものを吊るしたら野鳥以外に昆虫類も来てしまうか・・・この辺を確認しないといけないですね。
e0166481_21573517.jpg

e0166481_21582389.jpg

こちらは飛び立つ瞬間と、水浴びをしている様子・・・
e0166481_21582799.jpg

メジロばかりだったので、おまけでいつもピ~~ピ~~とうるさい「ヒヨドリ」・・・でも案外に頭の毛の立ち具合はカッコいいぞ・・・

初めての野鳥の森でしたが、本当に野鳥の写真を撮影するには絶好の場所・・・ここで鍛えて春・夏の軽井沢での撮影に備えたいと思います。興味ありましたらいつでも連絡下さい、ご案内しますよ(笑)


e0166481_2294251.jpg

                         「詳細」
[PR]
by Karuizawa-Wood | 2009-03-04 21:45 | 高崎 | Comments(6)

上毛かるた

e0166481_1305060.jpg

どんな時代になっても不変的なデザインです。


e0166481_1341919.jpg

見て下さい子供たちの真剣な表情を!


e0166481_137036.jpg

ちょっと写真が暗くなってしまいましたが、並べ方は普通のかるたと一緒だと思います。


最近、番組タイトルは忘れてしまいましたが、みのもんたさんと久本雅美さんが司会をしてる各都道府県のお国自慢の番組でも取り上げられてもいましたが。群馬県民の老若男女誰しもが知っている物、それが上毛かるたなのです。碓氷峠を越えてしまうと誰もが知らないと思いますが(笑)
例えば東京の新橋辺りの居酒屋で、タ行のツと言えば鶴舞う形の群馬県と答えてしまいますから直ぐに群馬県出身者だと解ってしまう、冗談のようで本当の話なのです。確か番組で井森美幸さんの楽屋に突然スタッフが入り、あ・い・う・え・お と振ると全問正確に答えていました(笑)

そんな上毛かるたですが冬に入りいよいよ本番を迎て、先日娘の小学校の大会があったのが上の写真です。まずは各小学校の学年別の対戦を行い、優勝すると各小学校の代表として市の大会に出場し、またそこで優勝すると県大会へと駒を進めていきますが、当たり前の話ですが全国大会はありません(笑)でも写真でも解る通り子供たちの表情は真剣そのもの!私が小学生の頃は必勝のハチマキまでして出場していました。
この上毛かるたの始まりは昭和22年との事、それ以来群馬県の小学生は冬に必ず大会に全員参加していますから、案外このかるたが県民の絆を深くしているように思えてなりません。
[PR]
by Karuizawa-Wood | 2008-12-23 13:48 | 高崎 | Comments(2)

葉っぱのフレディーと仲間たち

e0166481_12373932.jpg
12月になっても頑張っている高崎のモミジ


e0166481_12391287.jpg
心なしか冬に入り小鳥も少なくなって来たような気がします


e0166481_12411226.jpg
ブログを初めてから写真にも興味を持って来ましたがまだまだですね・・・



今日は朝から本当に寒い一日ですね~12月を通り越して真冬なみの気温だそうですから仕方ないですね。軽井沢では多分雪になっている事だと思います。大好きな軽井沢にも、もう1ヶ月近く諸事情で行ってませんが、11月の中旬頃に行った時には庭のモミジも栗の木も葉っぱは散ってしまい木々達もすっかり冬支度を済ませていましたが、軽井沢から約45㎞離れた高崎では写真の通りモミジも辛うじて頑張っている感じです。でももう時間の問題ですね~また来年のタメにゆっくりと生気を蓄えてくださいと声をかけたくなりました。
[PR]
by Karuizawa-Wood | 2008-12-14 12:57 | 高崎 | Comments(0)