カテゴリ:信州( 2 )

再び八方尾根へ

今シーズン2度目となりますが、週末に白馬八方尾根に行って来ました。
前回は八方初体験でもありましたが、滑り応えのあるコースに魅力を感じてしまった事と
八方に行ったのなら、どうしても一度は白馬連峰の雄大な景色を見てみたいとの思いで
今回は再チャレンジして来ました。

やはり暖冬の影響か朝方までは雨模様だったらしですが、到着と共に天候も回復しだし
これは頂上でも景観を楽しめると期待を持ちながらホテルを出発・・・
e0166481_19513553.jpg

ゴンドラに向かう途中の道は、ご覧の通り雪も少なく・・・3月初旬なのに、もうシーズンも終わりを感じてしまうような状況です・・・
e0166481_19545957.jpg

天候も回復して来て・・・先ずはゴンドラを降りて兎平ゲレンデを見ながら記念の一枚・・・しかしコブコブバーンなのに何で兎平なんて可愛い名前が付いているのだろうか・・・?と一人思いながら頂上を目指し上へ上へ・・・
e0166481_2035845.jpg

運が良いのか?、強風で止まっていたグラートクワッドが動き出し、八方池山荘まで行けるとのアナウンスが聞こえて来て、ならば行くきゃないしょ~なんて軽いノリでクワッドに乗車・・・本当は乗車する前に気付けば良かった・・・トホホ・・・
e0166481_201663.jpg
e0166481_20162935.jpg

とにかく・・・とにかく・・・頂上はもの凄い強風・・・上の写真で少し解ると思いますが氷の粒が吹き付けて来る・・・しかし景色はもの凄い雄大・・・写真を撮影してる間に娘は風に流されゲレンデの下へ・・・下へ・・・同行していた従兄弟夫婦が娘の救出・・・たった標高差がリフト1本で160m程しかないのに、気象状況がこれ程までに違うものかと、冬山の恐ろしさをかいま見た瞬間でした・・・トホホ・・・
e0166481_20341737.jpg

e0166481_2393748.jpg

写真は白馬槍ヶ岳だと思います・・・?良く見ると槍ヶ岳をバックに迂回コース滑る人影が見えます、こんな風景は日本ではあまり見れないですよね・・・

今回の八方は初日だけは天候にも恵まれて、素晴らしい景色を見ることが出来ました。
標高3000m級の山々が、本当にここは日本なの?と言わせる景色を作りだしていて
コースも多彩、ますます八方の魅力に取り付かれてしまう、そう感じる週末でした。

しかし雪質は暖冬の影響のせいでゴンドラから上のコースがアイスバーンで、ゴンドラから下のコースはシャーベット状態、本来であれば3月初旬なら、まだまだ良い状態が続いているとは思うのですが・・・今年はどこのスキー場も同じようなコンディションなのでしょうね・・・

来年また雪質も最高の時に再チャレンジしようと思っています。
[PR]
by Karuizawa-Wood | 2009-03-10 21:13 | 信州 | Comments(8)

白馬八方尾根

3連休に軽井沢を飛び越えて、ようやく今シーズンの初滑りに行って来ました。それも初めて行く白馬八方尾根へ!
実は学生時代から思い返しても、白馬方面には1度だけしか行ったことがなく、学生時代の仲の良い友人の実家が白馬で築100年の家を民宿としても営業していて、何度もお誘いを受けてもいたのにも関わらず・・・やはり一番の理由は当時は白馬までのアクセスが悪かったのが原因かもしれません、実家の群馬からは上越方面にも志賀方面にも行けましたから、どうしても豊科を経由して白馬と言う選択を出来ませんでした。

そんなこんなで初めての白馬、カーナビも設定OKで自宅をスタート上信越自動車道は途中、上田菅平IC付近で渋滞に巻き込まれましたが、予定通りに長野ICで降りて後はオリンピック街道を行くだけ、何の迷いも無くカーナビの機械的な声の指示に従い白馬へ風景はどんどん雪景色に変わって行きますが、何だか想像より道が細いな~トンネル工事もまだ行っているし、それにスキー客の車が我々の車の前に1台しかいない?そんな疑問を持ちながら車を進めて行くと戸隠スキー場の看板~それでも車を進めて行くと、水芭蕉の鬼無里へようこそ~看板!
あ~あ完全に道を間違えている~それも冬には大変に厳しいと言われてる鬼無里街道を進んでる~そう言われれば車はABSが作動し続けてる~このまま前に進むか引き返すか~悩んだ揚句に鬼無里のGSで道を聞き、このまま先に行くのは止めて、その先の県道でオリンピック街道に出た方が賢明との意見で何とかオリンピック街道に出て約1時間のロスで白馬に到着!
e0166481_17385521.jpg

いよいよ待ちに待った今シーズン初滑りで、気合の初ショットは私の足元を撮影しました。
e0166481_20343082.jpg

ちょっと解りにくいですが、左下のピンクのヘルメットの娘もやる気満々!ゴンドラ降りる度に前面のこぶ斜面に行きたくて仕方ない様子(汗)あまりパパの年齢を考えてはくれません(笑)
e0166481_20354488.jpg

さすがに八方尾根!スケールが違いすぎます。コース延長だけなら八方より長いコースを知っていますが幅が広くて感動的です。ただ残念なのは期待していた北アルプスの風景を、滞在した2日間で見ることが出来ませんでした。
e0166481_2047991.jpg

滞在したホテルでの1ショットですが、ポインセチアの並べられた階段、何だかこう言う並べ方も好いですね。
e0166481_20475172.jpg

1924年の第一回冬季オリンピックに実際に使用されたスキーが展示されていましたが、秘密で板の裏面をスリスリ、エッジも無いし滑走面はそのままの板、当時の人はこれで本当に滑っていたのだろうか?そう考えると当時の人のレベルも凄いのではないだろうか?

いやはや初の八方はスケールの大きさに圧倒されるばかりでした。たった2日間では充実したとも言えない状態ですね。こんな経済状態の中で会社に一週間の有給休暇下さいとも言えないですし・・・本当に長期で来たくなるスキー場です。
しかし今日は本当に体中が痛い・・・(涙)
[PR]
by Karuizawa-Wood | 2009-01-12 21:08 | 信州 | Comments(13)