浅間山に火口周辺警報

e0166481_20492818.jpg

本日15時30分頃撮影


気象庁は1日、群馬・長野県境にある浅間山が噴火する恐れがあるとして、火口周辺警報を発表した。

 「噴火警戒レベル」を2から3に引き上げ、火口から4キロ・メートルに立ち入らないよう入山規制した。

 同庁によると、山頂の北東地点で、同日午前2時ごろから、同山が膨張する現象を観測。2004年9、11月に同山で同じ現象が起きてから二十数時間以内に噴火したことから、同庁は「噴火が切迫している」と警戒を強めている。

 噴火は中規模とみられ、火口から4キロ・メートルの範囲内で、最大直径50センチの噴石が飛散する可能性があるという。

(2009年2月1日15時56分 読売新聞) ー引用ー
e0166481_20501388.jpg

去年の12月末頃撮影


今日の夕方セロさんのブログを見てビックリ!浅間山が噴火警戒レベルを2から3に引き上げられたとの事・・・当然自宅から今日も遠く浅間山は見ていたが、写真の通り年末に比べれば噴煙も収まり穏やかに見えて、素人目には収束に向かっているとばかり思っていたのですが・・・

本当に何事も無ければ良いのですが・・・!
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2009-02-01 19:29 | 軽井沢 | Comments(2)

追分散策

追分・・・今まで軽井沢には30年以上も来ているのに、考えて見ると数える程しか来ていない場所なのです・・・それも旧追分宿の周りだけを数回歩いた事があるだけ、でも本による知識だけですが晩年の堀辰雄や立原道造が移り住んだ程だから何かしらの魅力がある場所なんでしょうね。ちょっと時代背景が違いますが・・・
その程度の認識しかない追分ですが去年の後半くらいから皆さんのブログに紹介されていたCABOT COVEさんに通うようになってからは、家族で良く出かける場所へと変わりつつあります。

そして日曜日に遅いランチを食べに家族でCCさんに行って来ました。
e0166481_1934108.jpg

料理が美味しいのは皆さんのブログでお馴染みなので、違う視点で気に入ってる感想なのですが、旧サナトリウムや軽井沢にいくつか残っていた、「あめりか屋」風な別荘を薄っすらと憶えているせいか、CCさんの建物を初めて見た時には、本当に良く考えて設計されているし、色彩にまで気を遣っているなと感心してしまいました。その作りによって古き良き軽井沢を知っている年配の人達には落ち着ける場となるし、若い世代には新鮮に思える、そんな建物の雰囲気がありますよね。

腹ごしらえも済ませて、CCさんからの周りの情報を集めて、本日のもう一つの目的の御影用水への散策へと出かけて来ました。
e0166481_19504137.jpg

e0166481_19512057.jpg

え~本当にこんな場所があるのか!が第一声、今までの知っている軽井沢とまた違った雰囲気です。
e0166481_20242332.jpg

御影用水近くには質素ながらもモダンな造りの教会もありました。
e0166481_20244764.jpg

あたりまえの話しですが中軽方面から見るのと違った顔の浅間山!


土地を探していた頃には追分には一度も来ませんでしたが、初めて御影用水近辺を散策して見ると、本当に後悔・・・もっと時間をかければ良かったな。
そう言えば途中には昔から憧れている庭に小川が流れている土地も販売していたよな。
水辺もあるし、明るいし、また軽井沢と違った雰囲気です。今土地を探している人にはお勧めの場所かもしれませんよ!

今年の夏には子供と千ヶ滝近辺から自転車で下りて来てみよう・・・
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2009-01-28 20:51 | 軽井沢 | Comments(18)

薪ストーブ

薪ストーブって皆さんどのように選んだのでしょか?
薪ストーブを購入するにあたり、知識は無し先ずはカタログ収集からと始めて見ると、もう世界各国にストーブメーカーがあり、どれが良くてどれが悪いのか?解らなくなる事ばかり、解って来た事と言えばヨーロッパ製の物は洗礼されエレガントな形が多く、北米製の物は古典的な形をしてると言う見た目だけしか解らずに、もうこれは専門店で聞くしかないと、ネットで探した専門店で色々な話を聞きました。私としては見た目で一目惚れしたバーモントキャスティングス社のアンコールが一押しでしたが、店主からは形は古典的でも中身はハイテクで触媒を使わないリーンバーン燃焼のダッチウエストのエンライトを強く勧められました。リーンバーン燃焼か・・・???結局は性能も解ったような?解らないような?でしたが毎週店主から洗脳を受けた事と、ポパイ世代の悲しい性かMADE IN USAと言う響きで決めたのが写真のダッチウエスト エンライト FA249です。
e0166481_20415975.jpg

調べて行くと北米のストーブメーカーも自動車産業と同じなのか競争が激しくマジェスティック、バーモントキャスティグス、ダッチウエストもCFM社の傘下でした。そんな事も知らないで検討していたのか・・・
薪ストーブの上に置くスティーマーが欲しくて探していましたが、高価だった為に躊躇してる時に、CABOT COVEさんの薪ストーブの上に南部鉄瓶が置いてあるのを見て参考にさせてもらいました。
e0166481_2125889.jpg

なかなか味のあるアメリカンなロゴ・・・


このダッチウエスト エンライトは薪の消費量を40%以上も減らすことも可能とカタログ表記されていますが、何分にもこの他のストーブを使用した事がないので実際の燃費については不明です。

結局は薪ストーブは世界各国のメーカーが自慢の商品を開発し販売してる訳ですから各メーカーとも甲乙つけがたく、暖房器具としての性能は一緒?後は車と一緒で冬には毎日使用し長い付き合いになりますから、愛着が出て来て自分の家のが一番と思えるようになるのかも知れませんね。それにしても薪ストーブって単純な機能な割りに奥が深く、楽しいものですね!



ゆくゆくは下の写真のハートランドのスウィートハートを手に入れて調理もしてみたいな・・・このハートランドは北軽井沢のスウィートグラスと言うキャンプ場で使用することが出来ます。
e0166481_2148488.jpg

[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2009-01-21 21:59 | 軽井沢 | Comments(6)

アウトレットより安いロンドンスポーツ

e0166481_19282868.jpg

最近karuizawaWoodが頻繁に通っているお店が上の写真のロンドンスポーツです。商品自体はadidasがメインのお店で、何が凄いって!とにかく全ての商品が激安!軽井沢アウトレットなど比較にならない激安!今の時期ならスキー関連も激安!あまり激安~激安と言うと、皆さんにそんな洋服しか着てないように思われるので少し控えるとして・・・本当に激安なんです!
e0166481_19464320.jpg

先ずは上の写真のadidasのスノーブーツ、軽井沢生活でもスキーにも重宝しそうな商品で値段の説明をします。
表示価格が9800円なら、先ずは50%OFFで4900円
さらに4900円がレジにて20%OFFで3920円
さらにさらにレジでロンドンスポーツのプラチナカードを提示すると(誰でも一度買い物するもらえる)
3920円から10%OFFで3528円となります。
大体の商品はこの計算式で計算出来ますが、中には初めから激安になってる商品もあります。しかし何故その値段になるのか?原価はいくらなのか?いつも思いますが厳しい経済状況の中では安ければ安いほど消費者にとっては嬉しい話ですから、それ以上は考えず通っていますが、adidasのジャージなどが1700円程度で購入出来るので、ついつい行く度に購入するので最近では奥さんからロンドンスポーツ禁止命令が出てしまいました。
e0166481_20174076.jpg

今までの写真は全てロンドンスポーツ神田店です。先ずは1階の写真段ボール箱に無造作に置かれた半端商品の数々この中から掘り出し物を探し出す快感・・・?その他1階にはスキー板、ボード、軽井沢で重宝しそうなアウター類、靴が所狭しと並べてあります。
e0166481_20253063.jpg
e0166481_20261338.jpg

e0166481_2044654.jpg

e0166481_20263384.jpg

そして2階が皆さんお待ちかねのスキーウェアーコーナーになっています。この表示価格は全て上下セットになっています。何だか中古ショップのハードオフのような表示価格ですが全て新品!チェックしてきたKaruizawaWoodの感想では、ウェアーに付いてはメーカーにこだわる方にはちょっと無理がありそう・・・ただしデザイン重視でメーカーにとらわれない方なら行って見る価値はありそう・・・若い女性のお客さんも大勢来店して購入していますから良いデザインもあると思われます。

問題は軽井沢在住の人達がどのように見に行けるかだけですね?私の場合はお世話になっている先輩夫婦と写メールの交換で共同購入したりしてるので、東京に通勤してる人が近くにいるなら共同で購入したりするのが良い方法かもしれません。
長々と話してしまいましたが、最後にロンドンスポーツは本当に激安でした!


ロンドンスポーツ神田店
東京都千代田区神田小川町2-3 松岡ビル1階
TEL:03-3292-0333
営業時間:AM10:00~PM8:00
年中無休
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2009-01-15 21:07 | 東京 | Comments(8)

白馬八方尾根

3連休に軽井沢を飛び越えて、ようやく今シーズンの初滑りに行って来ました。それも初めて行く白馬八方尾根へ!
実は学生時代から思い返しても、白馬方面には1度だけしか行ったことがなく、学生時代の仲の良い友人の実家が白馬で築100年の家を民宿としても営業していて、何度もお誘いを受けてもいたのにも関わらず・・・やはり一番の理由は当時は白馬までのアクセスが悪かったのが原因かもしれません、実家の群馬からは上越方面にも志賀方面にも行けましたから、どうしても豊科を経由して白馬と言う選択を出来ませんでした。

そんなこんなで初めての白馬、カーナビも設定OKで自宅をスタート上信越自動車道は途中、上田菅平IC付近で渋滞に巻き込まれましたが、予定通りに長野ICで降りて後はオリンピック街道を行くだけ、何の迷いも無くカーナビの機械的な声の指示に従い白馬へ風景はどんどん雪景色に変わって行きますが、何だか想像より道が細いな~トンネル工事もまだ行っているし、それにスキー客の車が我々の車の前に1台しかいない?そんな疑問を持ちながら車を進めて行くと戸隠スキー場の看板~それでも車を進めて行くと、水芭蕉の鬼無里へようこそ~看板!
あ~あ完全に道を間違えている~それも冬には大変に厳しいと言われてる鬼無里街道を進んでる~そう言われれば車はABSが作動し続けてる~このまま前に進むか引き返すか~悩んだ揚句に鬼無里のGSで道を聞き、このまま先に行くのは止めて、その先の県道でオリンピック街道に出た方が賢明との意見で何とかオリンピック街道に出て約1時間のロスで白馬に到着!
e0166481_17385521.jpg

いよいよ待ちに待った今シーズン初滑りで、気合の初ショットは私の足元を撮影しました。
e0166481_20343082.jpg

ちょっと解りにくいですが、左下のピンクのヘルメットの娘もやる気満々!ゴンドラ降りる度に前面のこぶ斜面に行きたくて仕方ない様子(汗)あまりパパの年齢を考えてはくれません(笑)
e0166481_20354488.jpg

さすがに八方尾根!スケールが違いすぎます。コース延長だけなら八方より長いコースを知っていますが幅が広くて感動的です。ただ残念なのは期待していた北アルプスの風景を、滞在した2日間で見ることが出来ませんでした。
e0166481_2047991.jpg

滞在したホテルでの1ショットですが、ポインセチアの並べられた階段、何だかこう言う並べ方も好いですね。
e0166481_20475172.jpg

1924年の第一回冬季オリンピックに実際に使用されたスキーが展示されていましたが、秘密で板の裏面をスリスリ、エッジも無いし滑走面はそのままの板、当時の人はこれで本当に滑っていたのだろうか?そう考えると当時の人のレベルも凄いのではないだろうか?

いやはや初の八方はスケールの大きさに圧倒されるばかりでした。たった2日間では充実したとも言えない状態ですね。こんな経済状態の中で会社に一週間の有給休暇下さいとも言えないですし・・・本当に長期で来たくなるスキー場です。
しかし今日は本当に体中が痛い・・・(涙)
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2009-01-12 21:08 | 信州 | Comments(13)