Coffee House Shaker

e0166481_19352791.jpg

考えて見ると、このShakerの看板を発見してから、かれこれ何年経つだろうか?看板だけは中軽井沢の18号線から良く見えますが、肝心なお店の外観が看板を追って行っても道路からは見えずに、いつしか看板だけでお店を想像してしまい、観光地によくありそうなアメリカン住宅で室内は若い女性好みの内装でまとめているのだろうと勝手に想像してしまい、それ以来は足が向く事がありませんでした。しかし去年の暮れに家族と散歩の途中に気まぐれでお店に入り、その想像が完全に好い方向に裏切られてしまいました。
e0166481_19482999.jpg

外観は想像通りのアメリカン住宅・・・しかしなかなか好い感じです。
e0166481_2005371.jpg

メニューはマスターの奥様のイラストとの事、素晴らしいイラストの腕前です。
e0166481_2025976.jpg

e0166481_203248.jpg

今回は飲み物だけで食事はしませんでしたが、写真に写ってるテーブルはシェーカー家具、グラス等食器類にもマスターや奥様のこだわりが感じられます。
e0166481_2054895.jpg

e0166481_2072489.jpg

薪ストーブはバーモントキャスティングス社のイントレピッドⅡかな・・・?その横のLODGE社製のダッチオーブンがマスターがアウトドアーでは只者ではないところが伺われます。また下の写真は何気なく置いてるクーラーボックスが70年代製のColemanと言うのが渋いです。
e0166481_2015768.jpg

一人で来店して静かに読みたい本が沢山あります・・・写真の本棚の反対側には絵本も沢山・・・
e0166481_20163626.jpg

結局は話が盛り上がり日が暮れてしまいました・・・

Shakerの名前の由来は18世紀後半から19世紀にかけてニューイングランド地方でマザー・アン・リー率いたキリスト教から取っているそうです。何と命名者はマスターと親交のある、あの自然作家でもある田淵義雄さんとの事、なので店内のテーブルなどはシェーカー家具をメインに置いてありますが、カウンター席の椅子は田淵義雄さん作なのだそうです。実は店内の写真を撮り忘れてしまいました・・・残念!
しかし興味ある人は是非行って見て下さい男性にも女性にも楽しめるカフェなのは確かです。何と言ってもマスターの人柄が最高~良く聞いて見ると義理人情厚い群馬出身との事、ちなみに私と同郷・・・(笑)それにアウトドアーライフに非常に精通していますから、知り合いになればきっと軽井沢生活も充実しそうです。本当は皆さんに紹介せず一人だけでこっそりと行きたくなるお店ですが、声を大にして皆さんに紹介したくなるお店でもありました。
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2009-01-08 20:48 | 軽井沢 | Comments(4)

サングラスプロショップ eau de vie(オードビー)

いよいよ新年を迎えて自分的にはスキーシーズンの到来と言うことで、自宅では映画「私をスキーに連れてって」と今年からは「銀色のシーズン」加えた2本のDVDを観て、初滑りに向けて気分を盛り上げています。

それともう一つ前々から試そうと思っていたのですが、去年の暮れにゴーグルに直接取り付けるメガネを作ってみました。実は以前からメガネ着用したまま出来るゴーグルを使用していたのですが、これが30分くらい装着していると涙が出てくるくらいに、耳の裏辺り、ちょうどメガネのあたる部分が痛くなり我慢出来なくなってしまうからなのです。
もっと簡単な解決方法ではコンタクトレンズを入れれば良いのですが、今では中学生でも入れているのが当然・・・なのに、実は・・・目の中にレンズを入れる行為が・・・怖いのです。ですから今まで入れたことがありません・・・いや~恥ずかしい話です。

作って頂いたのが下の写真の東京の御徒町にある、サングラスプロショップ オードビーさんです。以前からゴルフ用のサングラスも作ってもらっていたので信頼もしています。
e0166481_21243573.jpg

ただこの写真だけでは何の店かも解りませんね・・・でも店の中を撮ってませんでした・・・どんな物かと言うと下の写真になります。
e0166481_21291639.jpg

写真下がメガネになっていて、どんなゴーグルにもメガネを加工し装着出来るとの事です。装着した感じが下の写真です。
e0166481_21321849.jpg

これで今年のスキーからは痛みからも解放されて滑れると思います。後は曇りの心配もありますが、たぶん滑っている間は大丈夫でしょう。
それとオードビーさんでは通常は出来ないと言われている曲線の強いオークリーなどのサングラスにも度付きレンズを入れられるそうです。メガネを使用している人がスポーツする場合には本当に強い味方になってくれるお店です。
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2009-01-05 21:50 | 東京 | Comments(6)

明けましておめでとうございます

e0166481_23103623.jpg

少し遅くなりましたが
皆さん明けましておめでとうございます。

今年も少しずつでも自分のペースでブログも続けて行こうと思っていますので宜しくお願い致します。
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2009-01-03 21:53 | 軽井沢 | Comments(4)

光都東京・LIGHTOPIA

今日の夕方のこと仕事先から帰社する途中、大手町駅の人の流れがいつもと違うことに気付きました。それもスーツ姿よりも私服姿の人達が多い・・・?これは付いて行くしかないな・・・と皇居外苑方面に・・・何だこれは・・・?


e0166481_19551362.jpg

e0166481_19445993.jpg

e0166481_19453844.jpg

今までに和田倉噴水公園に、こんなに沢山の人がいるところを見たことないくらいの人また人・・・実は〔地球・環境・平和〕をテーマに、著名人と千代田区の小学生がメッセージを書いた明り絵、約700個が展示していました。


e0166481_1956960.jpg
e0166481_19564289.jpg

e0166481_2219231.jpg

ついでだったので丸の内仲通り会場も覗いて帰社しましたが、こちらもまた人、人、人・・・でも今日のクリスマスイブを飾るには最高のイルミネーションでした。このイベントは12月28日の日曜までのようです。

では皆さん好いクリスマスイブをお迎え下さい。
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2008-12-24 20:07 | Comments(4)

上毛かるた

e0166481_1305060.jpg

どんな時代になっても不変的なデザインです。


e0166481_1341919.jpg

見て下さい子供たちの真剣な表情を!


e0166481_137036.jpg

ちょっと写真が暗くなってしまいましたが、並べ方は普通のかるたと一緒だと思います。


最近、番組タイトルは忘れてしまいましたが、みのもんたさんと久本雅美さんが司会をしてる各都道府県のお国自慢の番組でも取り上げられてもいましたが。群馬県民の老若男女誰しもが知っている物、それが上毛かるたなのです。碓氷峠を越えてしまうと誰もが知らないと思いますが(笑)
例えば東京の新橋辺りの居酒屋で、タ行のツと言えば鶴舞う形の群馬県と答えてしまいますから直ぐに群馬県出身者だと解ってしまう、冗談のようで本当の話なのです。確か番組で井森美幸さんの楽屋に突然スタッフが入り、あ・い・う・え・お と振ると全問正確に答えていました(笑)

そんな上毛かるたですが冬に入りいよいよ本番を迎て、先日娘の小学校の大会があったのが上の写真です。まずは各小学校の学年別の対戦を行い、優勝すると各小学校の代表として市の大会に出場し、またそこで優勝すると県大会へと駒を進めていきますが、当たり前の話ですが全国大会はありません(笑)でも写真でも解る通り子供たちの表情は真剣そのもの!私が小学生の頃は必勝のハチマキまでして出場していました。
この上毛かるたの始まりは昭和22年との事、それ以来群馬県の小学生は冬に必ず大会に全員参加していますから、案外このかるたが県民の絆を深くしているように思えてなりません。
[PR]
# by Karuizawa-Wood | 2008-12-23 13:48 | 高崎 | Comments(2)